北海道遠別町

遠別町の特徴

日本最北の米どころ遠別町

北海道北部、日本海に面している遠別町は、日本最北の水稲地域として良質なもち米を生産されています。また、ホウレンソウやアスパラガスなど野菜の生産、広い大地と栄養価の高い牧草によって営まれている酪農、ホタテ養殖やタコ箱漁などが盛んな漁業、町の面積の約88%を占める森林を生かす林業もある自然豊かな町です。

北海道屈指のヒラメ産地!
 遠別漁港は全国展開していた大手活魚業者が基地にしていたこともあり道内でも早くから活魚出荷に取組んできました。活魚を6トン以上収容可能な蓄養水槽が十基あり、ヒラメをはじめとした様々な魚種の活魚出荷体制が整っています。
日本最北の米どころ!
北海道北部に位置し、稲作の北限地帯として古くから盛んに水稲栽培が行われてきました。耐冷性、収量性と食味に優れた品種を導入し、品質の良さとおいしさが高く評価されてコンビニエンスストアのおこわなどにも活用されています。
金浦原生花園
6月~7月にかけて、国道沿いの海岸を鮮やかな黄色のエゾカンゾウでうめつくす「金浦原生花園」。エゾカンゾウとは「憂いを忘れる草」の意味を持ち、その名の通りここにきて黄一色の自然のお花畑と青い海を見ているとイヤなことも忘れて心が軽くなります。

町長挨拶

みなさん、こんにちは!

写真
遠別町は人口約2,700人と人口減少が進む状況ですが、住んでいる私たちが充実感を持って生活を送るためには心の豊かさが大切であり、「地域の経済・人間味・子ども達の一生懸命な姿」や、本町の懸案事項である「遠別農業高等学校の存続・活性化」に向けた取り組みなどから、地域の力が高まり町に力を与えてくれると考えています。
ふるさと納税制度を活用した全国からの寄付金を活用し、小さい町らしく地域一体となって人を大切にしたまちづくり「笑顔あふれる・えんべつ」を目指すため、遠別町を応援していただける、みなさまのご協力をお待ちしています!

遠別町長 笹川 洸志

特典商品紹介

茂野ウコン牛

日本最北の水稲北限地 もち米「風の子もち」

「北の赤いしずく」(アイコ)

2色アスパラ(グリーン・ムラサキアスパラ)

遠別羊羹

ゆるきゃら「モモちん」タンブラー 2本

ポストカードセット 30枚(卓上ホルダー付き)

旭温泉日帰り入浴券(11回分)

一覧を見る

活動報告

遠別農業高等学校に
タブレット端末・ドローンを整備!

写真の説明

日本最北の農業高校「遠別農業高等学校」の存続・活性化のため、農業ICTの推進として、タブレット端末やドローンを整備させていただき、学校より感謝の写真が届きました。これまでも生産加工品をふるさと納税の御礼品として提供していただいており、高校では新しい取組を模索しています。全国の皆様の応援が遠別農業高等学校に届き、生徒たちの学校生活に大きく役立っています!

子育て支援に活用!

写真の説明

遠別町では全国のみなさまの寄附の一部を子育て支援として「出産祝金」支給しています。「子どものために、大切に使います」という言葉を数多くいただき、ふるさと納税に感謝いたします。小さい町らしく、これからもいただいた寄附を大切にさせていただきます。

幼児センターに滑り台を整備!

写真の説明

平成20年に幼稚園・保育園を一元化して整備した「幼児センターきらり」の滑り台を整備させていただきました。幼児センターでは、約90人の子どもたちが元気に過ごしており、滑り台で元気いっぱいに遊んでいます!施設内には、子育て支援センター、学童保育施設も併設され、子育て拠点施設として町の将来を担っています。

一覧を見る

寄附の方法

もっと知ろう!遠別町

TOPへ